役立ち

【猛反省】苦労してつくった時間を無駄にしまくっている話【フェーズを分けて考える】

はじめに

0:30に寝て4:00に起きたのですが、わりと調子が良くて日中にぽっくり逝ってしまうかもしれない、高みを目指すパパこと、すーです。

起きたタイミングが良かったのかもですね。調子が良いうちにブログを書いてしまおうと思います。

さて。

今回は、「【猛反省】苦労してつくった時間を無駄にしまくっている話【フェーズを分けて考える】」というテーマでお話します。

他の誰でもない、自分のダメダメな話なのですが、困っているので分解して改善していきたいと思います。

仕事、家事、育児、まがいなりにもパラレルワークで日々奮闘しています。

そんな中で新しいことをしようとするには、あまりにも時間が足りません。

若い時にいろいろ挑戦しておけば良かったと、ベタな後悔をしています。

そんなことを言ってても始まらないので、自分なりに「時間をつくる」工夫をしています。

1日のタスクはどれくらいあるか?

毎日行っているタスクをざっと挙げます。

・ブログ1記事(2000文字ちょい)
・2ツイート&10リプ
・ゴミ捨て
・子供たちの送迎
・エンジニア業×2案件
・大家業×戸建4戸
・インプット(Voicy、Youtube、読書)
・アウトプット(ブログ、日記、SNS)
・夕食後の片づけ、床の拭き掃除
・子供をお風呂に入れる
・子供の歯磨き

スピードやクオリティはさておき、わりとたくさんのことをこなしているつもりです。

最近では、これにプラスして、

・自粛中の子供の面倒
・オンラインサロンでの活動
・SNS発信量の増加
・note執筆

などを行っており、さらに時間が足りない、、、

何かしらのスピードやクオリティを落として、ごまかしごまかしやっています。というかキチンとはできていません。



どうやって時間をつくるか?

ところで、時間を作る、創る、造る、、、どれが正しいのでしょうか。

ググってみたら、ひらがなで良くね?ということだったので、「時間をつくる」で統一します。

話を戻します。

低スペックなすーさんですので、何かしらの工夫が必要になります。

考えて実践しているのがこちら。

・エンジニア業を圧縮
・毎朝4時起床
・毎晩22時就寝
・テレビを捨てる
・スマホゲームを捨てる

今年に入ってから本格的に実践しており、娯楽はゼロです、、、

そんな生活楽しいの?と思われるかと思いますが、

全然楽しくないです。

そりゃそうですよ。修行僧みたいな生活ですもの。

自分と子供の成長を楽しみにギリギリのところでやっています。

まぁ、それはどうでも良いですね。失礼しました。

要するに、無駄なことを省きまくって、時間をつくっています。

過去の記事でも触れておりますので、もし良ければ覗いてみてください。

時間をつくった結果どうなったか?

頑張った甲斐があって、確かに作業時間は増えました。

そして、空いた時間は気が緩んでダラダラしまくっています。

はぁ?って感じなのですが、実際にそうなんです。

時間をつくることに一生懸命にやるじゃないですか?でやっとの思いで時間がつくれたことに満足&油断が生じまして、ちょっとぐらいのんびりしようかな\^^/と、そのままダラダラダラダラと時間を無駄にしています。

結論として、

時間をつくるのに疲れてしまい、本来のやるべき作業ができなくなる

ということです。

これは計算していませんでした。

頑張らなかったら時間つくれないし、頑張って時間つくったらつくったで疲れてしまうし、どうしようもない 笑

こればっかりは、慣れていくか、自身がレベルアップして無理なく時間をつくれるようになるかですね。

「時間をつくる」という第一段階はクリアしたという事で良しとしましょう。

今は「量をこなす」という第二段階のフェーズですね。

ちなみに、第三段階は「スピード&クオリティをあげる」ですね。たぶん今年の年末から来年くらいになるかと。



話のまとめ

仕事、家事、、育児、、、わりとたくさんのタスクを抱えています。(妻も同じぐ大変だと思う)

新しいことに挑戦するための時間をつくるためには無駄を省きます。

・エンジニア業を圧縮
・毎朝4時起床
・毎晩22時就寝
・テレビを捨てる
・スマホゲームを捨てる

娯楽はゼロで修行僧となっております。(今は雑魚なので仕方ない)

どうにかこうにか時間をつくるために、頑張って工夫しました。

その結果、多少の時間を確保することに成功!

そして、、、

時間をつくるのに疲れてしまい、本来のやるべき作業ができなくなる

というオチです。

ですので、フェーズをわけて考えることにしました。

第一段階:時間をつくる
第二段階:量をこなす ← 今ここ
第三段階:スピード&クオリティの向上

このスタイルに慣れて、自身がレベルアップしていけばOKです。

さいごに

なかなか思う通りにはいかないですね。。

いつも言っている、「1ミリでも前進していればOK」という意味では、キチンと前進しているので問題ナシです。

引き続き、コツコツやっていきましょう。

それでは、今回は以上となります。