役立ち

【正直しんどい】新居は不具合だらけ・・この状況をどう乗り切ればよいかを考えてみる

はじめに

昨晩、娘の寝かしつけが遅くなり、今現在の意識がもろうとしている、
高みを目指すパパこと、寝不足すーです。

最初は寝ない事にイラっとしてしまいましたが、開き直って眠くなるまで遊んで、抱っこしてあげたら、意外とすぐ寝てくれました。愛情不足だったのかな、、

さて。

本日は、昨日の【残念すぎる】せっかくの新居が不具合だらけで困った話の続きのお話となります。

こちらの記事を読んでない方は、先に読んで頂けると内容がわかりやすいかと思います。

新居の完成を急いだせい(?)であちこちに不具合があるこの状態から、どう直していくか、僕の心境なども踏まえてお話させて頂きます。

正直シンドイですが、、温かい目で見守って下さい。

前回のおさらい

2019年2月中旬、新居に引っ越しましたが、3月12日現在で、この有様です、、、

・外構工事が完了していない → 対応中
・門柱、インターホンがない → 対応中
・1Fのトイレが詰まっている → 対応中(かなり難航)
・扉の冊子数か所にキズがついている → 修繕完了
・クロスにも数か所キズがついている → 未対応
・バルコニーの水栓とコンセントがぶつかっている → 一部完了
・クリーニング未完了で床がめっちゃ汚い → 対応完了
・建具(ドア、冊子)がほとんどズレている → 未対応
・玄関ドアの取り付けが曲がっている → 未対応
・玄関収納がきちんとハマっていない → 未対応
・階段のあて木がほとんどズレている → 未対応
・ダイニングの照明の止め具が割れている → 未対応

見るたび、書くたびに胃が痛くなってきますね。。(泣)



【結論】当初の出来よりも良い状態に仕上がる(予定)

こんなハチャメチャな状況ではありますが、良かったこともありますよ。

・家の隅から隅まで、ミリ単位で細かくチェックを入れる意識がついた
・ハウスメーカーさんが補償期間を過ぎても、対応してくれることになった
・工事業者さんと直接話すことで、家の仕組みを知ることができた
・外構業者さんと仲良くなって、外構を高級仕上げにしてもらえることになった
・ハウスメーカーさんの発注ミス(?)で数十万円の設備がついた
・ハウスメーカーさんの謎の計らい(?)で、高い門柱をつけてくれた
・ブログのネタになった

ここまで来たら、もう文句は言わないです。ちょっと疲れてきた 笑

前向きに考えるしかないわけで

こんなの強がりでしょ!と言われそうですが、まぁ強がりたくもなりますよね。。でも、すんなり完成していたら、ここまでの関係性は築けなかったというのは確かです。

この状況下で構築できた関係性は、後に大きな味方なってくれると信じています。家はずっとメンテナンスしないといけないですからね。

すぐに相談に乗ってくれるハウスメーカー担当さんと業者さんがいると考えたら、かなり安心です。

そして、ここからどう立て直していくかがポイントです。



これから修繕を進めていく中で気を付けること

以下に気をつけながら、経過を見守ります。
その経過はブログで公開していきます。

・絶対に怒らない
・スケジュールはきちんと出してもらう
・経過を全て記録する
・せっかくなのでグレードアップの交渉をしてみる
・今後のメンテナンスもお願いしてみる
・業者さんとは名刺交換して仲良くなる

ここまできたら、全て実験です。

絶対に怒らない

怒り狂っていても、何もメリットないと思うんですよね。(本当は怒り狂いたいですよ、てか、若いころなら怒り狂ってたかも)

起きてしまった事は仕方ないですし、ハウスメーカーさんも、業者さんも必死に対応してくれているので、こちらのスタンスとしては穏やかにいきたいと思います。

想定外の事が発生して、ブチギレたら、それはそれで報告します。

スケジュールはきちんと出してもらう

僕はまぁ良いのですが、妻のストレスがハンパないんですよね。(そりゃそうだ)

ストレスの原因が、何がいつまでに直るのかがハッキリしていないところだと思うので、スケジュールは明確にします。

経過を全て記録する

はい、これはブログのネタにするためです。勉強にもなりますしね。せっかくなので全て吸収します。

せっかくなのでグレードアップの交渉をしてみる

箇所によっては、全部取り換えとか、剥がしてやり直したりする部分がありますので、しれっと、ワンランク上の設備にしてもらおうかなと。

言うても、かなり迷惑かけられているので、ちょっとくらい恩恵あってもいいかなと。(言うだけだったらタダ)

今後のメンテナンスもお願いしてみる

ハウスメーカー補償は引き渡しから3ヵ月というルールなので、メンテナンスは原則は5月の中旬くらいまでです。

ただ、今回の一件があり、ハウスメーカーの担当さんも「不具合あったらいつでも言ってください」とおっしゃってくれてますので、しばらくはお言葉に甘えてメンテナンスして頂こうと思っています。

チャンスに変えていかないともったいないわけで。

業者さんとは仲良くなって連絡先を交換しておく

箇所によっては、直接業者さんが来宅して作業します。仲良くなるといろいろ裏話をしてくれるんですよね。業者さんもいろいろ大変みたいです。

この前もハウスメーカーからの依頼は無茶ぶりばかりで大変だと嘆いてました。

すごく腕の良い業者さんだったので、ホームページやSNSで集客したらどうですか?と提案したら、その手の手法はまったくわからん、、でもやりたい!という事でした。

仕事につながるかもですね。僕でできることはお手伝いしたいなと思います。こういう展開も面白いですね。

今後のメンテナンスのこともありますし、業者さんとは仲良くなっておいて損はないです。



ここらで話をまとめます

大変な状況ですが、これからも修繕をしていく中、禅の心で対応していきます。

・絶対に怒らない
・スケジュールはきちんと出してもらう
・経過を全て記録する
・せっかくなのでグレードアップの交渉をしてみる
・今後のメンテナンスもお願いしてみる
・業者さんとは名刺交換して仲良くなる

3月12日現在、めちゃんこ修正箇所が残っています。

・外構工事が完了していない → 対応中
・門柱、インターホンがない → 対応中
・1Fのトイレが詰まっている → 対応中(かなり難航)
・扉の冊子数か所にキズがついている → 修繕完了
・クロスにも数か所キズがついている → 未対応
・バルコニーの水栓とコンセントがぶつかっている → 一部完了
・クリーニング未完了で床がめっちゃ汚い → 対応完了
・建具(ドア、冊子)がほとんどズレている → 未対応
・玄関ドアの取り付けが曲がっている → 未対応
・玄関収納がきちんとハマっていない → 未対応
・階段のあて木がほとんどズレている → 未対応
・ダイニングの照明の止め具が割れている → 未対応

さいごに

正直、書いてて胃が痛い、、、笑

家のトラブルって精神的にキツイですよね。でも家は建てて終わりではないので、今後に繋げていけるような関係構築をしていきます。(すんげぇ前向き・・・自分で言ってて泣けてくる・・・)

同じように家のトラブルで困っている方がいれば、アドバイスしたり、良い業者さん紹介したり、お役に立てるようにと考えています(これは前向きというか、半分ヤケクソです)

「あいつ大変そうだなー」くらいの感覚で見守って頂ければ幸いです。

今回は以上となります。