キャリア

【実体験】アウトプットを継続したら少しずつ人生が変わり始めた話

はじめに

ついつい大人都合で子供を怒ってしまい、数秒後に猛反省をする、、、これを1000回くらい繰り返している、高みを目指すパパこと、学習機能が壊れているすーです。

10000回くらい喜ぶことをしてあげようと思います。

さて。

今回は「体験談をもとにしたアウトプットの重要性」についてお話します。

今となってはアウトプットの大切さが身に染みてわかりますが、なぜ今までは大切にしてこなかったか?アウトプットをしてこなかったのか?その結果はどうだったのか、今アウトプットの強化に取り組んでいて、何か変わったのか?を体験談ベースでお伝えします。

全て自分の言葉でお話します。ぜひ最後までお付き合いください。

アウトプットとは?

「情報発信」や「成果物」のことですね。もっと平たく言えば、伝えたり、作ったりすることです。

・ブログ
・SNS
・メール
・資料作成
・業務報告
・プレゼンテーション

1つ1つは小さなアクションなのですが、これを積み重ねていくことで大きな結果に繋がります。コツコツと継続していくことが大切ですね。



【結論】アウトプットを続けて変わったこと

僕の経験ベースでのお話です。

アウトプットの重要性に気づき、継続できるようになるまで紆余曲折ありましたが、少しずつ確実に変わってきたことを実感しています。

・結婚できた
・フリーランスで稼げるようになった
・ブログで収益が出せた
・たくさんの情報が入ってくるようになった
・将来への可能性が広がった

ただ、最初からアウトプットができていたわけではありません。今もアウトプットは超絶ヘタクソだと思っていまして、日々勉強しています。

そもそもアウトプットって、めっちゃ苦手でしたし、嫌いだったんですよね。

なんで苦手で嫌いだったのか、そこからどうやって重要性に気づくことができたかを次のセクションから順番にお話しします!

僕がアウトプットが苦手、嫌いになった理由

僕を含め、アウトプットに苦手意識があったり、すごく面倒でしていなかったり、嫌だなと思っている人は少なくないと思います。

ひとまず、なぜに僕はアウトプットを避けるようになってしまったかを思い出してみたのですが、1つ心当たりがありました。

「間違えることが恥ずかしい」

具体的に言うと、

学校の授業で問題を出されて、手を挙げて答えを発表するじゃないですか?

その時に間違えると、笑われたり、バカにされたり、ザワザワした空気になりませんでしたか?

僕はもともと人見知りだったり、あがり症だったりして、ただでさえ人前で何かを発表するのが嫌なのに、追い打ちをかけるように、間違いを指摘されてしまい、拒否反応が出てしまったのだと思います。

それ以来、間違えないように!間違えないように!と意識しまくり、そして確実に合っていると確信できる問題以外は答えない。もしくは簡単な問題にしか答えない。とアウトプット恐怖症になってしまいましたね。



アウトプットを避けるようになった結果・・・

アプトプットをしなくても、どうにかこうにかやっていけるので、徹底的に避けるようになってしまいました。そうするとこんな人間になります。

・極度の引っ込み思案になる
・勉強する意欲がなくなる
・成績も上がらない
・人見知りが直らない
・あがり症も直らない
・とにかく周りの目を気にしまくる

そして、これを引きずったまま社会人になった結果、、、

・仕事がスムーズに進められない
・プレゼンテーションができない
・業務報告がうまくできない
・新しい仕事に恐怖を感じる
・昇給しない
・出世しない

ざっとこんなところでしょうか。大事な10代20代をかなり損して生きてきました。

おまけで言うと、カラオケは超絶嫌いですね。カラオケってアウトプットをキレイに装飾したようなものじゃないですか?今でも嫌いです。当然歌がうまくならない。

仕事で逃げられない環境にいて少しずつ改善

僕がアウトプット嫌いを抜け出すきっかけとなったのは仕事でした。

新卒でエンジニアの仕事ではありましたが、ゴリゴリの体育会系の企業に就職してしまった為、アウトプットできないと仕事にならないし、結果が出ないから、メチャクチャ怒られるんですよね。本当に嫌でした。

逃げられない環境に身を置いて、泣きながら仕事をしていた結果、アウトプットの障壁となっていた以下の問題が改善されました 笑

・極度の引っ込み思案になる
・人見知りが直らない
・あがり症も直らない
・とにかく周りの目を気にしまくる

今となってはこれがきっかけだな!と明るく話せますが、当時は地獄でしたからね。何回も胃に穴が開きましたから。

この障壁がなくなってから、自然とアウトプットの量が増えたので、周りとのコミュニケーションも円滑にできるようになり、少しはまともな人間になれたかと。

その時には、30歳超えてましたけどね。

今の時代は無理する事なくアウトプットを磨ける

今はこんな無茶苦茶なことを経験をしなくても、アウトプットが磨けます。個人的には、ブログやSNSで情報発信できるようになった事が大きいかなと。

ブログやSNSで稼ぐ人もたくさんいますしね。人前じゃなくても、Youtubeで自由に発表(発信)もできますし。一昔前もあるにはありましたが、今ほどメジャーではなかったのと、興味がなさすぎてスルーしてました。

僕がブログとSNS始めたのって、38歳になってからですから、、、おかげで今も雑魚レベルです。



アウトプットを続けて変わったこと

まだまだアウトプット修行中の身ですが、身をもって変わったなと思えることがすでにいくつかあります。

・結婚できた
・フリーランスで稼げるようになった
・ブログで収益が出せた
・たくさんの情報が入ってくるようになった
・将来への可能性が広がった

結婚できた

プロポーズをアウトプットと言ったら怒られそうですが、でもアウトプットの一種ですよね。個人的には、人生最大のアウトプットでした。

フリーランスで稼げるようになった

成果をアウトプットして、信頼を獲得して、お仕事を頂く、という意味では、フリーランスは、アウトプットなしではやっていけないかと思います。今は強烈にアウトプットを意識して取り組んでいます。

ブログで収益を出せた

まだ月収3桁のペーペーですが、0→1で収益が出せたという点ではすごい進歩だと思ってます。(自分で言うか!)

アウトプットが苦手で、かつ、最近ブログを始めたばかりのオッサンでもできたのですから、誰にでもできる事が証明されたのかもしれません。

ただ、今もアウトプットがヘタクソなのは変わりないので、日々頑張っていきます。

たくさんの情報が入ってくるようになった

不思議なもので、アウトプットをすると、「それはあーだよ、こーだよ」と、周りからリアクション頂けるようになり、結果として情報がたくさん入ってくるようになりました。

これは新たな発見でしたね。情報をGIVEするから返ってくるんでしょうね!

将来への可能性が広がった

これはいろいろな意味合いが含まれておりますが、フリーランスとして稼げるようなったこと、ブログで収益出せたこと、それ以外にもアウトプットすることで周りから評価を得られるようになって、できる事の幅が広がったような気がします。

世の中の稼いでいる人や、著名人の方って、よくよく考えてみると、アウトプットが上手な方ばかりですよね。アウトプットしないと評価されませんから、当然のことかもしれませんが。

アウトプットして初めて自分と言うものを知ってもらう事が第一歩ですね。

おすすめの著書をご紹介

僕がアウトプットの参考にさせてもらった本をご紹介致します。過去の記事でも要約しておりますので、よかったらご覧ください。

さいごに

「アウトプットで人生が変わる」というのは大げさだなと思っていましたが、実際に少しずつ変わり始めていると感じている今日この頃です。

今はまだ小さな変化ですが、コツコツと継続していけば本当に人生が変わると信じてやっていきます。

もし良かったら一緒に頑張りましょう!

今回は以上となります。