キャリア

【無理しても意味はない】仕事のストレスで病まないための7つの対策【1週間休んでOK】

はじめに

元気ですかー!?すーです。

元気があれば何でもできますが、元気いっぱいで「今日も仕事頑張るぞ!」っていうマインドの方は多くないと思います。みなさん忙しいし、ストレスの負荷も大きいですからね。

かと言って、それが「当たりまえ化」してしまうと、徐々に病んでいってしまいます。僕も15年くらいブラックというか、体育会系の企業で仕事をしていて、ストレスMAXで思考停止していました。マッチョな思考が染みついただけで、他は何も残りませんでしたね。幸いにも病気にはならなかったで良かったですが、、、

そこで、今回は「仕事に追い込まれる前に考えること」というテーマでお話します。

ぜひ最後までご覧ください。では、はじめます。

こんな人に読んでもらいたい

会社、仕事に追い込まれてストレスを抱えている方

本記事を読んでわかること

・仕事は自分の為、家族の為にする
・会社に期待しすぎてはいけない
・今の会社が全てではない



結論

仕事に疲れたら、朝起きるのが辛ければ、1ミリもやる気がでなければ、1週間くらいまとめて休もう。それくらいの有給は残っているはず。

今のシンドイ環境から離れる時間を作り、今の状況と今後どうするかを1つずつ考えていきましょう。

心がシンドイときに考えること7つ

  1. 自分のことを最優先に考える
  2. 家族のことを次に考える
  3. 会社に期待しすぎない
  4. 上司の言いなりにならない
  5. 朝早く出社し、定時で帰る
  6. アウトプットを意識する
  7. 給料をもらいながら、ひたすらスキルアップ

1週間休んだくらいで席はなくならないです。なくならないですが、仮になくなったとしたら、ロクな会社じゃないので次の職場を探しましょう。何1つデメリットはないです。



①自分のことを最優先に考える

今、あなたが仕事をしている理由は「生活費を稼ぐため」だけのはず。余計な会社、仕事の責任を背負い込んでないですか?上司から余計なプレッシャーを受けてないですか?

目先の仕事、給料のことを考えるより、今の心の負担を減らすことを考えましょう。

過剰なストレスを抱えても、寿命が縮むだけです。1番大切なのはあなたの健康です。

その次に仕事のことですね。今の日本社会は人口減でどこもかしこも人手不足で悩んでいます。仕事なんていくらでもありますよ。

失業手当をもらいながら次を探せば大丈夫です。ひとまず、今むやみやたらに身を削っていたら、それはやめましょう。

②家族のことを次に考える

家族の為に頑張っているパパさん、ママさんも多いと思います。でも頑張りすぎてストレスをためて、家で機嫌悪い、ぐったりしている、そもそも帰ってこない、、状態だったら、本末転倒です。

あなたが笑顔でイキイキと仕事をしていることを家族は1番望んでいると思います。

家族の為に頑張って働いているんだ!と思うのであれば、力を抜きましょう。間違ってはいないですが、力めば力むほど逆効果です。家族にとって大切なのは仕事ではなく、あなたです。あなたが倒れたら、それこそ家族が路頭に迷います。。

少し力を抜きましょう。

③会社に期待しすぎない

会社に対し、仕事、給与、上司、福利厚生、やりがい、全て完璧な状態を求めてませんか?そんな完璧な会社・環境はそうそうないです。ないものを求めれば求めるほどストレスがたまります。

そういう時は自分に目を向けましょう。つまり、自分のスキルアップと体調管理を優先させると良いです。あなたの仕事のパフォーマンスが良くなれば、自然と成果が出て評価されるようになります。転職にも有利に働きますし、選択肢が広がります。

会社に期待するよりも、これからの自分に期待するようにしましょう。

それと、少々残酷な話になりますが、、、

あなたは毎日、会社の為に頑張りますが、会社はいざという時にあなたを守ってくれません。(守ってくれるのは労働基準法という法律ですね。)

会社の業績が良ければ、給料やボーナスという形で恩恵を受ける事ができますが、業績が悪くなると、コストカット、人切りが始まります。今は大手企業でも45歳で早期退職者の対象となりますし、会社に対して自己犠牲を払ってまで尽くす時代ではないです。



④上司の言いなりにならない

上司のいう事は絶対!のわけがありません。

上司と言っても中間管理職でさらに上の上司からプレッシャーを受けている為、部下に厳しくあたってしまったり、ストレス発散のはけ口にされているだけです。

上司は上司で大変なんです。だからと言ってあなたに被害が及ぶようなパワハラ、セクハラはいけませんので、対策しましょう。

僕はよく上司の上司に相談してましたね。上司と同格の人だと、影響力や権力の問題でどうにもできませんので、上司より役職が上の人に相談するのが良いと思います。

もしその上司の上司がどうにもできなければ、さらに上の上司に相談となりますが、その場合、会社全体にダメな文化が根付いていて、改善に時間がかかる、もしくは改善が難しい可能性が高いです。

もしくは、改善する気がないか、、
そうなってくると、上司と距離を置くか、部署異動か、転職ですね。

上司と言っても、所詮はイチ個人です。あまり大きく見ないことが重要。あれこれ鵜呑みにして、無駄に振り回されないようにしましょう。

振り回されない為のコツはこちらの記事で紹介してますので、もしよければご覧になってください。

⑤朝早く出社し、定時で帰る

即効性のある対策の1つとして、朝早く出社しましょう。電車も空いてますし、電話も鳴らないですし、仕事がはかどります。

朝は脳のパフォーマンスが1日の中で1番発揮される時間帯です。大切に使いましょう。

また、定時で帰ることに抵抗があったり、雰囲気的に気まずかったりする人もいるかと思います。でも最初だけです。

やるべき仕事はきちんとやった上で毎日同じ時間に出退勤を継続していれば、そのうちに「あの人は早く来て早く帰るんだな。」というキャラが定着します。

そもそも、残業するよりも朝早く出社する方が大変なわけなので、文句を言われる筋合いはなかったりますが、根気よく継続しましょう。

夜型の生活は精神的にも肉体的にもキツいので、朝型に変えるべきです。

⑥アウトプットを意識する

アウトプットとは情報発信です。日頃の報告だったり、成果物の見せ方だったりを工夫すると効果的です。ちなみにアウトプットはヘタでも大丈夫です。はじめのうちは「質」より「量」が大切です。

仕事をする上で多少の「演技」が十丁だったりします。ウソをつくのはダメですが、ちょっとテンション上げて、ちょっと話を盛って、ちょっと積極的に行動する「演技」を見せるだけで、周りの目が変わります。

その「演技」を表現する方法がの1つがアウトプットです。

特に難しいことをする必要はなく、こういうところから取り組んでみてはいかがでしょうか。

・こまめな進捗報告

・気配りMAXの資料作成

・イエス、ノーで答えれば良いだけの聞き方

・言われる前に行動する

・相手のニーズを探る

これらを自主的に実践するだけで、「仕事がデキる人間」に見えてきます。見えてくるというか、実際に仕事も早く片付きます。空いた時間は自分のために使いましょう。

⑦給料をもらいながら、ひたすらスキルアップ

会社は、給料をもらいながら、自分のレベルを上げることが場所という考えを持ちましょう。それ以外の余計な思考は一旦捨ててOKです。ズルしない程度にうまく会社を利用すれば良いと思います。

上記の①~③で考え方を変え、④~⑥で実践して行動を変える。すると徐々に結果として表れてきます。物事が良い方向に動き出し、空き時間も確保できるようになると思います。

空き時間が出来たら、ひたすらスキルアップですね。そうすれば、今の会社に依存する必要がなくなりますし、自信もついて視野が広がります。

そして人生の選択肢が増えて、気持ちも楽に自由になれるはず。

少しずつ変えていきましょう。



まとめ

会社や仕事で精神的に追い込まれていたら、1週間の有給休暇を取りましょう。

そして、のんびりと今の状況を整理して、今後の対策を考えましょう。

  1. 自分のことを最優先に考える
  2. 家族のことを次に考える
  3. 会社に期待しすぎない
  4. 上司の言いなりにならない
  5. 朝早く出社し、定時で帰る
  6. アウトプット上手になる
  7. 給料をもらいながら、ひたすらスキルアップ

さいごに

精神的に追い込まれてくると、視野が狭くなり、思考が停止してしまいます。

そうなると、日々の仕事をこなすのに精いっぱいでストレスから脱出する気力がなくなってしまいます。今がキツかったら、きちんと休みを取って時間と心のゆとりを作りましょう。

くれぐれも、自分を追い込みすぎないでくださいね。

今回は以上となります。