役立ち

「家族」を考える。親父と久しぶりに語り合った夜【25年ぶりの家族旅行】

8/9(日)

おはようございます。すーです。

今回は「「家族」を考える。親父と久しぶりに語り合った夜【25年ぶりの家族旅行】」というテーマでお話しします。

昨日から旅行で海近くの旅館にきております。

子供たちは海で大はしゃぎでなによりですが、今回は僕の両親と弟も招待しており、僕自身においても実に25年ぶりの家族旅行となりました。

家族仲はさほど良くなかった

25年前というと中学時代ですね。子供のころから毎年夏には海へ出かけていたのですが、高校受験があるから、という理由でその年の家族旅行はナシとなり、それから25年間、家族で旅行はしていませんでした。

今思うと、高校受験があるとはいえ、別にエリート校に行こうとしていたわけでもあるまいし、2泊3日の旅行を中止する必要があったのかと思っています。僕が受験に集中したいから!とか言えば話は別でしょうが、こういう親の勝手な判断が好きじゃなかったですねー。

親父はザ・昭和の親父!といった頑固おやじです。すぐに機嫌悪くなるし、頭でっかちだし、社会人になってからも特に連絡もとらなかったですね。

弟とも一時期は仲が良くなく、、理由は自分が貯めていたお小遣いをこっそり盗んでいたことが発覚してブチ切れてから口をきかなくなりました。

唯一、母親だけはたまに連絡もとってましたし、家族を繋いでおくパイプになってましたね。まぁ特別仲が良かったわけではないですが、自分の良き理解者であったことは間違いないです。

結婚をきっかけに家族仲が改善

社会人になって一人暮らしを始めてから、より一層連絡をとらなくなり、殺伐とした関係が10年以上続きましたが、僕の結婚を機に連絡をとる機会も増え、会話もするようになり、今のところはごく普通の家族仲に戻った感じです 笑

子供の頃は反発心もありましたが、まぁ大人になったらいつの間にかそんなものもなくなって、お互いきっかけ探していた感じですかね。

まぁそれでも子供のイベントで招待した時に会うくらいでしたけどね。

そして、今回の家族旅行のきっかけは、車を出して欲しかったからです 笑

親父だけで良かったのですが、親父が母親も呼び、だったら弟も呼ぶかと声をかけたことで25年ぶりの旅行が実現しました。子供たちは人数多い方が楽しいでしょうし、理由はともあれこういう家族旅行のきっかけを与えてくれた我が家族に感謝ですね。



親父との関係性

さきほども少し話しましたが、子供の頃から好きじゃなかったです。

・すぐ怒る
・気分屋
・昭和感MAX
・昔話をしたがる
・頑固

ホントに昭和の親父って感じで、気が合わなかったです。気が合わないというか合わせるつもりがなかったというか、、、それでも子供の頃は従うしかないと思って、我慢してました。

中学の頃にふと、殴り合いしても勝てるな!と思ってから、堂々と反発するようになりましたね。反抗とも言えるかもしれませんが、自分の中での考えをきちんと伝えて反発してました。

親父のいつまで経っても昭和な考え方には納得いってなかったので。

僕自身、そんな反発に労力使うのも嫌なので、ここ十数年は反発というよりスルーする感じですよね。ほっとけ、って感じでした。

それでも結婚を機に話すようになったのは、親父が歳をとって丸くなったというのもあると思いますが、親父が僕のことを認めだしたというのもあるかもしれません。

もう1つのきっかけ?

親父との関係性の変化にはもう1つきっかけがあると思っていて、それは僕が結果を出したことではないかと。(#自分で言うのもアレですが)

・子供3人作った
・個人事業主としての稼ぎ
・順調な投資
・都内に一戸建て購入
など

時代は違えど、親父を越えたと思える今日この頃。

以前だったら、お互いの考えが相違したときは絶対に話をきこうとしなかった親父が、最近はそういう考え方、やり方もあるのかと、僕の話に耳を傾けるようになったなとは思います。

昨晩も仕事の話や、以前は大嫌いだったお互いの価値観の話、そして今後も話など、、普段は話さないようなことを何時間も語るハメに。

そんな中で思ったのが、時代は違えど、価値観は違えど、「仕事熱心」という共通点。

僕の場合、仕事好きではないと思っていますが、ずっと仕事のこと考えてますからね。好き・嫌いではないのですが、まぁ熱心にはやっているのかなと思います。仕事しないと生きていけないし 笑

それは親父も一緒なんですよね。親父は昭和のバブルも経験してますし、良い時代、悪い時代も家族を養うために必死に働いてきたわけですからね。

恐らく、その昭和の時代の仕事環境とか、人間関係とかの過酷さは今の僕の環境の何倍も大変だったことでしょう。僕なんてフリーでのらりくらりやっていますからね。。

親父が「俺らの時代は、、、」とか言っちゃうのもわかる気はします。昨晩は、「時代のせいにすんな」とか真っ向から反論しましたが 笑

まぁ言わんとすることはわかりますよ。本人には言わないですし、これからを生きる上で過去の栄光とか過去の時代の話なんて不要だと思っていますので。

まぁケンカするわけでもなく、お互いが認め合って話ができる関係になっただけでも良いかなとは思います。ぶっちゃけ残り時間も限られていますしね。

さいごに

今回は完全に自分のことになってしましたが、みなさんの親子関係ってどうなんですかね。親父のことはどうでもいいのですが、自分の子供との関係はうまく保っておきたいとは思っているんでよね。

まぁ子供には子供なりの考えがあって生きていくのでしょうから、僕は余計な口出しもしないですし、基本的に本人のやりたいと思っていることはやらせてあげる方針ではありますが。

今回はそんな三世代が揃った旅行となったので、改めて「家族」と言うものを振り返ってみました。

それでは今回は以上となります。