役立ち

【実践】コロナ鬱にならないために取り組んでいること【今を乗り切ろう】

はじめに

外出自粛となってなぜか出費がかさんでいる、高みを目指すパパこと、すーです。

室内用の遊具買ったせいかな、、あとこんな状況だから、せめて美味しいものを食べようとか言って無駄に高いものに手を出すようになったからだ、、改めます。

さて。

今回は「【実践】コロナ鬱にならないために取り組んでいること」というテーマでお話します。

今、僕含め、みなさん不安しかない日々をお過ごしだと思います。

僕も心配性な方なので、無駄に考えこんで、不安になって、勝手にストレス抱えるという負のスパイラルに落ちる寸前です 笑 (#笑、とか言ってる時点で問題ない)

では、落ちる前にはじめましょう。



結論

じっとしているのが良くない気がします。

頭と体を動かして余計なことを考えないようにすべし。

地味ですが、今の僕はこんな取り組みをしたり、しようとしていたり、考えています。

①アウトプット量20%増加
②テレビを観ない
③細かいタイムスケジュールの作成
④運動
⑤Zoomトーク&飲み

順番に解説します。

①アウトプット量20%増加

ここでいうアウトプットは、僕のあらゆる「発言」「報告」「連絡」「相談」「行動」のことです。

【発言】ブログ・SNS
【報告】仕事での作業報告
【連絡】友達・仕事仲間・家族・親族とのコミュニケーション
【相談】妻、仕事を紹介してくれるエージェント、既存案件の上長とのコミュニケーション
【行動】思い立ったことは即時実行

これまでは、(ストレスない程度に)1人で抱え込んで行動してきましたが、ダメな部分、弱い部分も見せながらいこうと思います。

つまり、もっと「素」を出すってことですね。言うても平凡な人間なので、「素」のままいかないと20%増量できない 笑

新型コロナの影響で閉鎖的になってから、家族との会話量とか増えましたね。仕事仲間にも特に用はないけど、仕事の状況聞いてみたりとか。

本来、新型コロナとか関係なく、こういうアクションは日々行っていくべきだったのでしょうが、、今気づけたのでOKですね。

②テレビを観ない

もともと2020年に入ってからは、ほとんど観なくなったのですが、新型コロナでザワつきはじめた時にテレビ付けたら、本当にしょうもない上に過剰に不安を煽るような話ばっかりしてまして、百害あって一利なしでした。

必要最低限の情報収集はしようと思って、安倍首相や小池都知事の会見は観るようにしてましてが、ライブ配信されているのでスマホがあれば事足ります。

SNS上でも信頼できるところからの情報を追いかけていれば、有益な情報はいくらでも収集できます。



③細かいタイムスケジュールの作成

もともと、在宅勤務が続いてダレてきたから始めたのですが、細かく時間切ってスケジュールどおりに動いていくと、次はあれやらなきゃ、次はこれやらなきゃ、と無駄なく動くことができます。

ぼーっと余計なことを考える隙がなくなって、作業効率もあがり、これいいなーと思って、毎日タイムスケジュールを作成して行動するようにしてます。

休憩時間もきちんと記載して、その間だけはぼーっとしたり、SNSで情報したり、ダラダラもしますよ。

時間制限も設けることになるので、メリハリつけた行動ができます。

これ地味におすすめです。

④運動する

これは今1番の課題です。ずっと家にいるので極度の運動不足に陥っています。

全然お腹減らないんですよね。でも家にいるストレスを発散するには「食」くらいしかなく、おいしいものを堪能していたら、どんどん体重が増えていき、体もだる~くなってきて、やる気が失せてくるという、恐ろしい事態に、、、

緊急事態宣言が出ましたが、散歩&ジョギングはOKとはいえ、家に子供たち残していくわけにもいかないですし、子どもたちも連れていくと公園に行くハメになります。

そこで最近、室内用のトランポリンを購入しました。

これがめっちゃ良さげです。トランポリンブーム来るんじゃないですかね?

耐荷重が110キロなので、親子で一緒にできますし、すごく良い運動になりますよね。

⑤Zoomトーク&飲み

これやってみたかったんですが、飲み友達が多くないという致命的なことに今気づきまして、保留となっています。

食事時にじいちゃん、ばあいちゃんとビデオ通話で繋いであげたら、子どもたちはめっちゃ喜んでいました。こういうスタイルもアリですよね。

数少ない知り合いに声かけて、近々やってみようと思います。パパさんとか夜忙しいひとは、Zoomランチでも良いですよね。

飲みじゃないにしても、人と話すだけでだいぶ気持ちが楽になります。



まとめ

自粛、自粛の毎日ですが、意外とできることはたくさんあります。

一人でじっとしているのではなく、人とコミュニケーションとったり、キビキビと頭や体を動かすような仕組みを作ってしまいましょう。

①アウトプット量20%増加
②テレビを観ない
③細かいタイムスケジュールの作成
④運動
⑤Zoomトーク&飲み

さいごに

フリーランスになって2年ちょっと経ちますが、ずっと1人でやってきたなぁと、ここにきて、ふと、しんみりと振り返りました。

これまでは1人が楽でよかったのですが、こういう緊急事態に直面すると、やっぱり人との繋がりの大切さを思い知ります。

こんな状況じゃなかったら絶対にやってないのですが、Zoom飲みとか自分から声かけて、適当に開催してみようかなとまで思っています。

軽いノリで構いませんので参加頂ける方、ぜひご連絡ください。

それでは、今回は以上となります。