役立ち

【実体験】広くて浅いやり方でも 年収〇〇万円は稼いでいける【 自分は何屋さんなのか】

はじめに

昨日の強風でひまわりを育てているプランターが倒れ、ショックを受けている高みを目指すパパこと、すーです。

発芽直前だったのに土が全部こぼれてぐちゃぐちゃになってしまいました。今日キレイにやり直します。

さて。

今回は「広くて浅いやり方でも 年収〇〇万円は稼いでいける」というテーマでお送りします。

仕事にしろ、ブログにしろ、SNSにしろ、何か一つを極めてそれをアウトプットしていくのが良いとあちこちで言われております。

確かにそうだと思います。

僕もそうしたいのですが、なかなかできないんですよね。途中で飽きてしまったり、諦めてしまったり、、中途半端な成果で終わってしまったり、、

俺ってダメダメだなぁと思っていますが、ふと考えてみると、一定の成果は出ているんですよね。

そのあたりを分解して共有したいと思います。



結論

1つを極めていなくても、手数である程度は勝負していけます。

なかなか1つのことを極めるってできないですよね、、

僕は「広く浅く」でやってきて、自分が何屋さんかわからない状態ですが、月で7桁はわりと余裕で稼いでいます。

収入源は3つあり、それぞれの収入はこちら。

①フリーエンジニア収入(月7桁)
②家賃収入(月6桁)
③ブログの広告収入(月4桁)

②③はひょんなことからはじめまして「浅く狭く」な状態です。それでも形になりつつあるので、勢いで始めてみるっていうのは大切です。

なんとか一定の額(年収1500万円以上)は稼げています。年収3000万円くらいまでは、どうにか達成できる道は見えております。

「浅く広く」でもそこそこはイケますね。

では、どのあたりが広く浅くなのかを深掘りしていきます。

①フリーエンジニア

僕は新卒からエンジニアとして仕事をしてきました。

その内容が広く浅くなのです。

エンジニアと言っても、プログラマー、システムエンジニア、プロジェクトマネージャーと別れています。

さらにプログラマーといっても、画面を作る人、サーバーを設定する人、データベースを作る人など、細かく分かれます。

僕の場合、ほぼ全て経験しているのですが、どれも極めていないので、1つの分野を1人で対応することができません。つまり、プログラマーのような専門性の高い分野では活躍できないんですね。

ですので、自然と全てを統括する必要があるプロジェクトマネージャーのような仕事が増えていきました。

プロジェクトマネージャーも、システムのタイプによって求められる知識やスキルが変わってくるので、多少の向き不向きが出てきます。僕は全てに手をつけて、全て中途半端に終わっています。

カッコよく言えば「オールラウンダー」ですが、悪く言えば「器用貧乏」です。

会社員時代は責任者やってましたので、すべてを網羅できる器用貧乏でも良かったのですが、フリーランスになってからが困りました。

フリーランスの世界では、どうしても専門性が高いスキルを保有している人が有利なんですよね。仕事はたくさんあるので、そこに対して「私はこれができる!」とズバッと言える人の方が仕事が獲れます。

僕もとりあえずできそうなプロジェクトマネージメント関連の仕事を始めましたが、まぁ結果はいまいちでした。

とあるエージェントとの出会い

そんな中、僕のような器用貧乏をすごいと言ってくれるエージェント会社と出会いました。

flexyという求人案件サイトに登録したことがきっかけでした。(flexy | 株式会社サーキュレーション)

最初に受けた案件が、

非IT部門のシステムやサービスを一新したいが、社内で適任者がいないのと、それ以前に問題が多すぎてどこから手をつけた方が良いかわからないから助けてほしい。

というものでした。

ただここで、まさかの僕の器用貧乏の力が発揮されます。

広く浅く、いろいろな業務に携わっていたおかげで、大体どこらへんに問題があるっていうのが瞬時に予測できたのです。

面談の段階で、予測される問題点と解決策をパパパと話していたら、「なんでわかるんですか?すげー」となりまして、結果として半年ほどで問題解決でき、めでたしめでたし。

その結果がエージェント社内で話題となり、僕のところに、どうやって解決したらいいかわからない「問題案件」が集まるようになりました。全体の0.1%もないニッチな案件なのですが、他にできる人がいなかったようです。

これで、フリーエンジニアとしては、「広く浅く」でも食べていけるようになりました。



②家賃収入(不動産投資/大家業)

次に不動産投資をはじめました。きっかけは本屋でなにげなく手に取った「不動産投資」の本を読んだことです。

主婦の方でもできるなら、俺もできるかも!?という安易な考えで始めました。

で、さっそくこの著者の方のセミナーへ参加。

このセミナーがとっても個人まりしていて、雰囲気が良かったんですよね。登壇された不動産業を営んでいる先生もドライで素朴で、直感的に信用できる人でした。

というわけで、とりあえず始めてみようと思って、セミナーから1ヵ月経たないくらいで、中古1戸建てを買い、そこから10ヵ月ほどで1戸建てを4戸購入してしまいました。

過去記事にて投稿しておりますので、もし興味がありましたらどうぞ。

不動産投資に関しては、「浅く広く」ではなく、「浅く狭い」です、、、

まだまだ勉強することが多いのですが、やりながら問題が起きたら、不動産の先生に聞いて解決するっていう、なんとも人任せな進め方しております。。

ホント、人に恵まれております。ありがとうございます。

そんなこんなで「浅く狭く」やっておりますが、家賃収入だけで30代の一般サラリーマンの平均年収は超えています。なんとかなるものですね。

③ブログの広告収入

こちらはまだペーペーなので、全然稼げているうちに入りません。

一応、月4桁の収入があり、今後は月6桁まで伸ばしたいと考えておりますので、期待を込めて収入の柱に育てている最中です。

はじめて4ヵ月というのもあるかもしれませんが、なかなか時間が取れず、SEO対策とか、記事のキレイな書き方とか、まったく実践ができておらず、お恥ずかしい限りです。

でも、気合で毎日更新だけ20日ちょっと続けておりまして、それで月4桁の収入となっております。

なので、こちらも「浅く狭く」です。

あと2~3年は地道に継続してみます。結果は随時アウトプットします。



自分は何屋さんなのか?

自分でもよくかわっていません 笑

「浅く広く」でやっていると、「自分は〇〇屋さん!と言いづらいので、ブログやSNSで存在感を出しづらいです。

そうは言うても、いきなり「何者か」になれるわでもないので、しばらくは「浅くて広いけど、それなりに頑張っている人」でやっていきたいと思います。

まとめ

「浅く広く」なんとか一定の額(年収1500万円以上)は稼げています。年収3000万円くらいまでは、どうにか達成できる道は見えております。(本当に達成できるのか!?)

収入源は3つあり、それぞれの収入はこちら。

①フリーエンジニア収入(月7桁)
②家賃収入(月6桁)
③ブログの広告収入(月4桁)

②③を頑張っていきたいと思います。①は時間が対価になっているので、できれば卒業したい、、、

「浅く広く」の弱点は、自分が何屋さんかわかりづらく、ブログやSNSで存在感は出しづらい。そこを逆手にとって、何か良い肩書が作れればよいですね。

さいごに

僕みたいに中途半端な人間でも、一定の成果は出ています。

ですので、浅く広く手数で勝負することも全然アリなんだとは思います。

1つに特化していない分、いくつかの武器をうまく組み合わせていけば良いですね。(今のところできてないけど)

同じような境遇の人がいたらぜひご連絡ください。一緒にがんばりましょう。

では、今回は以上となります。