キャリア

【自業自得】業務委託での業務内容と入金のトラブル【契約は必ず結ぼう】

はじめに

おはようございます。すーです。

今回は「【自業自得】業務委託での業務内容と入金のトラブル【契約は必ず結ぼう】」というテーマでお話しします。

最近トラブルに巻き込まれやすいなぁとか思っておりますが、原因は必ずあるはずです。それを見つけて潰して、同じ事を起きないようにするだけ。

今回はある意味、想定内ではあったので、案の定っていう感じではありますが、(#だったら対策しておけよ)ありがちなトラブルだと思いますので、このあたりを分解して、対策しておきたいと思います。

あ、そんなに深刻なトラブルじゃないので、気を楽に読んでくださいね。



トラブルの経緯

簡単にお伝えすると、

昨日、9月分の業務委託費用を請求しようとしたら、金額と業務内容に物言いがついた」という話です。契約は結んでなかったのですが、注文書はもらっていました。(#これは自業自得 #お願いしたのに契約書を作ってくれなかった)

華麗なまでの後出しジャンケンをされたわけですね。

そういえば以前にも、別件でこの企業案件のトラブルをブログに書いたことがあります。

▶【問題発生】ヒューマンエラーが原因でトラブルになりました【伝えるって難しい】

▶仕事を断りたいけど断り切れない豆腐メンタルです【気にしすぎぃな性格は損】

まぁ僕もキッチリカッチリした性格ではないので、ホント自業自得ではあるんですけどね。お手伝い程度の案件なので、まだ冷静に対処できてます。(#むしろどんな展開になるのかを楽しんでいる #本業だったら余裕で死んでる)

とにかく、約束を守れない企業さんなんです。

そして、揚げ足取りが得意でガンガン足をとっていきます。

というわけで、散々先方の要求を呑んできた僕もいよいよ限界で、やんわりと突き放しにかかります。

相手の出方が変わった?

9月の稼働が終わった後になって単価の値下げを要求してきたので、この時点で話は破綻しているじゃないですか。

生活に支障をきたすほどの金額でもないですし、最悪もらえなくてもいいやと思っていますが(#強がりじゃないよ #そりゃちゃんと払ってほしいけど)、そんなことより、もうあまり一緒に仕事をしたいと思わないわけです。

なので、「9月はこの金額でもいいですけど、10月以降はこれだと難しいです」とこれでも優しくお伝えしました。

そうしたところ、、、これまで散々、言い訳やら、揚げ足取りやら、人のせいにしてきた社長さんの態度が緩和してきました。

社長→「良い未来に向けて、うまい着地はできないでしょうか?」と。

ちょっと意味不明です。

すー→「この予算感では厳しいです」とお伝えし、しばらく連絡が途絶え、、、

その後、社長→「MTG中でした。レスが遅くなってすみません。現場担当とも相談中です」と連絡がきました。

すー→「諸条件が決まるまで10月の稼働は控えますね」とお伝えし、昨晩は寝ました。

今朝起きたら、たくさんメールが来ており、チラ見しましたところ、明るい未来に向けての協力要請のような内容でした。

だいぶ丸くなりましたね。辞められたら相当困るんでしょう。それもそのはず、この企業の社員さんは先日、大量に退職してまして人手がないようです。

そこじゃないんだけど

以前もそうだったのですが、僕が難色を示すと、やたらと明るい未来の話をしてきます。一緒に明るい未来を見たい!協力してほしい!と。

だったら9月の業務委託費用払ってよ!っていう話なのですが、もはや忘れ去られていていますね 笑

そんな明るくボランティアはできないです。

明るい未来がどーのこーのじゃないんだよ!まずは9月の業務委託費用をどうするんですかー!?問題はそこじゃないんだよ。と大きな声で優しく伝えてあげたい。

今日このあと、そのあたりについての返信をしなければならないわけですが、もうこれだけトラブっていて、ストレスもたまっているなら、とっとと切ってしまえば良いとは思っています。

ここで僕の悪いバイアスが発動します。



率直にどう思っているのか?

普通の方が聞いたら、さっさと退散ですよね。僕も退散はしたいのですが、今こんな心境です。

・このまま切るのはもったいない
・やれることはたくさんある
・10月の稼働が止まってしまうのがちょっと心配
・契約とかお金とかうるさく言いたくない
・困っている人は助けてあげたい
・楽しく仕事ができればゆるくてOK

切るのは簡単なのですが、何かうまい解決策があるなら探ってみたいんですよね。せっかくご縁があってここまできたのですから。(#中身はボロボロだけどな)

と、良い人ぶってはいるけども、さすがに今回は無理かなー。

契約を結んでくれるかどうかですよね。契約結ばないってマジでダメですよね。やっぱりそこだな。そして、この状況下で、作業が止まってしまうと現場担当が困るんだろうなとか考えている時点で、どれだけお人好しなんだと。(#自分で言うのもアレですが)

バイアスというか、自分の中の思考が狂っているところですね。

そして交渉へ

今さら何を交渉するんだっていう話なのですが、要は僕が無駄に損をしなければ良いわけです。その上でこの条件だったら、継続しても良いかなという条件をこちらから提示してみようと。それで通ったらまぁやればいいし、通らなかったそれはそれでOK。

ていうか、なんで最初からそうしなかったんだ、、一番最初は、社長と飲みながら仕事の話をしたからです 笑 意気投合したと思っていましたが、相手の口車に乗らせていただけだったんですね。

さて、条件はどうしようかな。

・契約を結ぶ(準委任契約)
・覚書で9月の業務委託費用について記載
・契約が結べたら今月の稼働を始める
・月の稼働時間は20時間(下限15時間、上限25時間)
・単価は★秘密★
・フルリモート作業

こんなところですね。これでも8月、9月と奉仕してきましたし、無理に契約結ぼうとしているわけでもないので。健全に楽しくやっていきたいですね。

おわりに

今回の話が本業でもっと金額の大きな話だったら、完全に死んでますね。こんな余裕もってブログなんか書いていられない。本業はエージェント会社さんが間に入ってくれているので、このあたりは安心です。

というか、それが当たり前だと思ってはいけませんね。

さてさて、この交渉結果がどうなるか?追ってお話しさせて頂きます。

それでは今回は以上となります。