パパの子育て

【エンタメ】子供たちと一緒に映画館でアニメ映画にハマった話【束の間の休息を堪能】

はじめに

おはようございます。すーです。

今回は「【エンタメ】子供たちと一緒に映画館でアニメ映画にハマった話【束の間の休息を堪能】」というテーマでお話しします。

先週末は子供たちを連れて2日連続で映画館に行きました。ドラえもんと鬼滅の刃を観てきたのですが、ドラえもんは2回目、鬼滅の刃は3回目でした。何回観るんだ!?という話ですが、何回観ても面白いんですよ、、、

僕は映画はあまり見る習慣がなくて、子供のころはドラゴンボールを観るくらいでしたかね。大人になってからもデートで相手の観たい映画を一緒に見に行く程度でした。習慣がないんじゃなくて、映画に興味がなかったみたいで。

かの名作と呼ばれる映画はほとんど観てないです。妻にバックトゥザフューチャーを観たことないと言った時はドン引きされましたね 笑

映画知識はゼロに近いですが、映画を語ります。ぜひ最後までどうぞ。

唯一見まくった映画はこれ

壊滅的に映画を観てこなかった僕ですが、たった1作品だけ、10回以上観た映画があります。

それは、

「アポロ13」です。

学生時代洋画で初めてみたのはこの作品だったと思います。内容としてはアポロ計画3度目の有人飛行で実際にあった爆発事故に基づいたストーリーの映画です。

月に向かう途中で酸素タンクが爆発して絶体絶命のピンチ。宇宙飛行士を地球に生還させるべく、NASAの精鋭たちが知恵を出し合い、極限状態の中で次の一手を出していく展開にハラハラ、ドキドキしたものです。

このストーリーが実話だったことを知ってから、アポロ計画に興味を持ち、アポロ13号に興味を持ち、人間ってすげー!って純粋に思って、なんども観るくらいハマってしまいました。

実話のパニック映画が面白すぎて、、

こんな衝撃的な映画を一発目に見てしまった結果、他の映画が面白く感じなくなってしまいまして、、実話じゃないと作り物だと冷めてしまうし、ドキドキ・ハラハラしていないと集中できなくて寝ちゃうし、退屈すぎて全然ダメ。

僕の映画離れは加速しましたね 笑

映画じゃないですけど、海外ドラマの「24」「プリズンブレイク」は実話ではないにせよ、ハラハラ・ドキドキしっぱなしで、最高に面白ったですよね。

余談ですが、24は日本で騒がれる前に観てたんです。

レンタルビデオ屋でポツンと1本だけ置かれていたのですが、パッケージ見てなんとなく面白そうだったんで借りたんですよね。案の定、その衝撃的な面白さ興奮しまくって、翌日、友達に勧めまくったけど、その時は完全スルー、、、あとから世の中で話題になって、なんだかなぁと思っていた思い出があります 笑

何年か前に、そういえばシリーズ全部を観てないなと思って、寝ないで一気に観たんですよね。それはそれで死にそうになったのですが、全然やめられず、、、笑 確かそれきっかけでAmazonプライムを利用するようになりました

▶Amazonプライムビデオ

すみません、話を戻しますが、極限状態に追い込まれるストーリーじゃないと観る氣がしなくなってしまったという話です。

アニメ映画にハマりだすきっかけ

子供が産まれてからは映像作品を観る機会が増えまして、徐々に平和な作品にも興味を持つようになりました 笑

長男が2歳の時にディズニーの「アーロと少年」を映画館で観まして。長男は映画館に行くのも初めて、映画を見るのも初めて。僕は超ひさしぶりに平和な作品を観たもんだから、すごく印象強くて、、

それからはディズニーよりも、ドラえもんやポケモンとか普通に観にいくようになりましたね。毎年子供たちと一緒に観るのが、我が家の恒例行事となっています。

鬼滅の刃なんて、漫画は読んでなかったのですが、長男が「水の呼吸、なんちゃらかんちゃら」言って大騒ぎしていたので、とりあえず息子の付き合いってことで観に行ったわけですが、チョー号泣しまして 笑

そこから漫画全部買って、一氣に読み込んで2回目観に行って、、、ちょっと落ち着いたかなと思っていた矢先に今度は長女がハマりだしたんです。

長女の映画館デビューは、まさかの鬼滅の刃でした。鬼滅の刃の前はアンパンマン観てたのに、、急成長です。

そんなこんなで3月公開のドラえもんの新作映画の公開を楽しみに待っています。

映画館で束の間の休息、、、

最近は月に2回くらいのペースで映画館に行っています。もちろんアニメ映画で、同じ作品を何度も観ています。

面白かったら、もう一回くらい観ても良いかという雰囲気になっていて、まぁそれはそれで良いかなとも思っています。

その理由の1つに僕が楽できるからです。子供3人もいると毎日がお祭り騒ぎになるわけですごく大変です。特に真ん中の2歳の長女の暴れっぷりがハンパない、、、

そんな長女が2時間大人しくなってくれる映画鑑賞は、僕にとっても貴重な休息の時間になんですよね。これに氣づいてから、映画館に行くペースが増えたような、、、

もう少し大きくなったら、アニメ以外の作品も一緒に観に行きたいな。

そう考えると映画館って改めて良い空間だなと思います。

おわりに

 

子供きっかけで映画観るようになりましたが、子供向けのアニメ映画といっても、すごく面白いし、感動もするし、クオリティ高いですよね。大人も全然楽しめる。

次女も何年後かに観るようなるから、まだあと10年くらいはこのルーティーンが続きそうです。それはそれで楽しみ増えて良いですね。

それでは今回は以上となります。