時間術

【昨日の続き】アクセルを踏むかブレーキ をかけるかで悩み中です【結論はアクセル全開です】

はじめに

おはようございます。すーです。

今回は「【昨日の続き】アクセルを踏むかブレーキ をかけるかで悩み中です【結論はアクセル全開です】」というテーマでお話しします。

ここ最近は自分の中での働き方改革についてずっと考えています。

オーバーワークな毎日なのですが、このままアクセルを踏み続けるか、ブレーキをかけるか、、

早速本題にはいります。

結論はアクセルを踏み続けます

人から同じような相談受けたらなんて答えるかなぁと考えてみたのですが、たぶん半分無責任に「忙しいって良い事じゃん!がんばりなよ!」とか言ってると思う 笑

何人かインフルエンサーの働き方を理想として追いかけているのですが、それを見ているとあまりにスマートでカッコイイ働き方に憧れるんですよね。

自分も同じような働き方にしたなぁって思うけど、そんな実力も影響力もないわけで。

だとしたら、僕は何年かはがむしゃらに働いていた方が良いなと。(#”がむしゃら”って久しぶりに使った)

ただし、いくつかルールを設けようかと。

1日2時間のフリータイム

どこの時間帯で2時間空けるかは決めていませんが、午前と午後の1回ずつ。

アクセルを踏みながらも、自分がどこに向かって走っているかを見失わないようにしないといけないなと。ここ最近の悩みごとっていうのは、行き先がわからなくなってしまったことによる不安からきてるんですよね。

・この道で合ってるんだっけ?
・そもそもどこに向かっているんだっけ?

迷子みたいなものですね。

ここを明確にするためにも、見直す時間と考える時間があった方が良いかなと。

よくよく考えてみたらアクセルを踏む、踏まないの問題でもなかったのかも。アクセルはとことん踏んで良し、ただし、途中途中で止まって地図を確認しましょうって感じですね。

話のまとめ

心にゆとりをもちましょう。

・やれることは全部やるべし
・ブレーキを踏む必要はない
・目的を見失うから不安になる
・1日のうちで仕事をしないフリータイムを設けよう
・フリータイムでのんびり考える

「時間が空いたらやろう」っていうパターンだと絶対に空かないので、意識してつくるしかないです。

今日は時間つくりやすいように午後からの予定をゆるくしてあるので、早速実践してみます。フリーランスの特権を活かします。

終わりに

最近はブログも短めにしようと意識しています。前までは2000文字を目標にしていたのですが、だらだらと身のない文章を書いているだけのような氣がしていまして、もう少しぎゅっと絞ろうかと。

このあたりもフリータイムで考えてみます。

それでは今回は以上となります。