キャリア

【ミッション】初対面での印象付けと条件交渉について【明るくハキハキと対応】

はじめに

おはようございます。すーです。

今回は「【ミッション】初対面での印象付けと条件交渉について【明るくハキハキと対応】」というテーマでお話しします。

今日から新しい案件(仕事)が始まります。

初日の稼働となりますので、顔合わせという意味での打ち合わせとPCセットアップのために出社しないといけないとのこと。ここ1年はフルリモートでの作業でしたので、ひさびさにオフィスに行くんです。

今回の新案件についてもリモートワークを希望していまして、面談のときから交渉をかけていました。結果としてリモートワークはOKになりましたが、先方としてはなるべく出社してほしいようなのです。

最終的な着地は「双方で話し合いの上、決定とする」と契約書にも書かさせてもらいました。話し合いがスムーズにいかなかったらどうするのか、、、

そんなこんなで本題です。

企業側の諸事情

先方がリモートワークに前向きでない理由としましては、

・円滑に仕事が進むか心配
・円滑にコミュニケーションが取れるか心配
・前例がないから心配

とのこと。

どうやら、リモートワークに慣れていないようでして。このご時世に大丈夫かなと思います。さらには僕は週3日の稼働で参画するのですが、既存の業務委託のメンバーは週5日、出社して稼働しているようなのです。

それもあって、僕の働き方は異例ということでいろいろと心配されております。

そこまでして僕の希望条件を飲んでくれたということは、よっぽど人材不足なのかもしれませんね。(#そこまでしてでも僕を採用したかったのでしょう #と、いつか言ってもらえるくらいの人材になりたい)

僕がどれくらいのパフォーマンスを出せるかで、今後、他のメンバーのリモートワーク事情が変わってきそうです。責任重大ですね。がんばります。

働き方もさることながら、僕が担当する案件も訳あり?のようで、適任がいないことが原因で半年くらい前からストップしているみたいなのです。

爆弾案件の臭いがしてきましたね。

爆弾処理は得意です。過去に何度か爆発して大変な目にあったことはありますが、みんなが近づきたがらない爆弾案件はうまくやれば、独自のポジションを作れたりします。

ポジションもルールも前例もないなら、自分で作ってしまえば良いわけです。

初日の印象付けがとても重要

そのような事業を踏まえて今日の稼働初日を迎えるわけですが、やはり最初の顔合わせ時の印象が大事になってきます。

先方はもろもろの不安、焦り、心配を抱えているわけなので、それなりのプレッシャーはあります。それだけの条件を提示してまで参画させてもらっているので、そりゃそうですよね。

とりあえず、今日の打ち合わせの作戦は、声は大きめに、笑顔は多めに、テンション高めで対応したいと思います。

幼稚な作戦ですが、結局はこういう人間味を全面に出すのが効果的だったりします。こういう立ち振る舞いは苦手なんですけどね、、これも仕事だと思ってやるしかない。

特に初対面での印象はあとあとにも効いてきますから、今日の印象付けは重要になってきます。(#怖い人が出てこなければいけると思います)

裏ミッション

今日は間に入ってくれているエージェント会社の担当者も同席してくれるのですが、その担当者って去年の新卒の子でめっちゃ若いんです。

今回はじめてマッチングに成功して参画するのが僕のようなので、それはそれでうまくやってよね!というプレッシャーが見え隠れします 笑

なので、交渉ごとはエージェント会社に頼りっきりでもいけないのですが、こうやって担当についてくれる担当者を育てることも大事だと思っています。

ここで関係値を築いておけば、今後もお仕事を紹介してもらえるのでは?という腹黒い考えもあったり、なかったり。

半分は冗談ですが、でも大切なことだと思います。現に2年ほど前に担当してくれていた方は出世して責任者になられていますからね。裏でバックアップして頂いているので、もう頭が上がりません。(#こんど菓子折りもって挨拶させて頂きます)

エージェント会社との関係構築は自分への投資だと考えたら、大事なミッションとなるわけです。いつも感謝しております。

最初に希望をハッキリ伝える

話を戻しまして、、今日の初回の打ち合わせで絶対にやっておかないといけないことがあります。それは僕の希望をハッキリと伝える事です。

こういうのは最初が肝心です。もちろん、言い方には十分に氣をつけた上で、全ての希望を提示します。

・朝早く、夜遅くの稼働も認めてもらいたい(具体的な時間も決定)
・フルリモートにしてほしい
・打ち合わせはオンラインで
・どうしても出社する場合は日中帯で3時間程度
など

最初から言って大丈夫か?と思われるかもしれませんが、実現できる、できないは別として、最初に言って「そういう考えを持っている人」なんだと印象付けることがホントに大事。

横暴な態度や失礼な言い方をしなければ、特に問題はないです。あくまで希望を伝えるだけですので。

このあたりについては、面談時から徹底しておりまして、エージェント会社の担当からも何度も伝えてもらっています。(#用意周到な男)

ここまで準備できたら、あとは仕事で結果を出すだけです。結果さえ出せればあとはうまくいきます。

おわりに

なにげにけっこう考えているんですよ!準備もしっかりしていきます。

根回しって結構大事で、会社員時代も予算を通すような大切な承認をもらわないといけない時は、関係各所に根回して、承認がおりやすい状況を整えてから交渉に臨むようにしていました。

自分に有利なように仕事を進めたいなら、こういう裏側の立ち回りができないといけませんんね。もちろん、仕事でも結果出せるようにがんばります。

それでは今回は以上となります。