おすすめ本

望みどおりの人生を実現できる!?著書「運は操れる」を徹底解説します

はじめに

おはようございます!すーです!

土曜日はこの一週間で読んだ書籍のご紹介をしたいと思います。週末ですし、こういうのも良いですよね。

さて、今回は「望みどおりの人生を実現できる!?著書「運は操れる」を徹底解説します」というテーマになります。

こちらの書籍の著者はメンタリストDaiGoさんになります。僕はかなり崇拝していまして、動画も観ていますし、本も何冊か持っています。今回ご紹介する「運は操れる」も有益な内容でしてたのでご紹介させて頂きます。

こんな人に読んでもらいたい

・自分は運が悪いと諦めている方

本記事を読んでわかること

・「運」を呼び込むための考え方と行動の仕方があるということ

「運は操れる」のもくじ

「運は操れる」のもくじです。

1.運にまつわる知られざる真実

2.運を操る3つの科学的な方法

3.不安に強くなる5つのテクニック

4.試行回数を増やす7つのテクニック

5.氣づく力を鍛える5つのテクニック

6.運の操り方 実践編

メンタリストDaiGoさんといえば、論文による研究結果からの実証データと、ご自身が実践されていることからの氣づきが入っていますので、とにかく信ぴょう性が高いですよね。僕も好きで、よくDaiGoさんから情報をインプットさせてもらっています。

話を戻します。

“運”と聞くとランダム性が高いもので、運を良くするには、神様にお願いするか、お守りを持つか、パワーストーンを身に付けるか、といった感じで、スピリチュアルな要素が強いイメージですが、どうやらそういうわけではないようです。

運って操れるんですね。まずこの事実にビックリです。

運が良くなるような考え方、行動の仕方があり、それはどういうものなのか?が本書を読めばわかるということです。

「運は操れる」の内容をピックアップして解説!

ここからは僕が氣になった部分をピックアップしていきます。

ちなみにですが、ピックアップはもくじの順番ではないです。僕は本を読む時は、もくじを見て氣になったところから読んでいますので、氣になった順になります。そこだけご了承ください 笑

幸運は自分次第

「幸運は自分次第」、、、なんだか良い言葉ですよね。アリストテレスの言葉です。

…はい、ここはそれだけです。

こういう直球も良くないですか?心に響きます。

違う選択をゲーム化する

日々の生活の中に「新しい体験」を入れるということです。

小さな体験でもOKで、たとえば、

・駅までいつもと違う道を歩いてみる
・いつもと違う銘柄のコーヒーを買ってみる

など。

氣づく力が養われそうですね。

新しい行動をメモする

次の内容を盛り込むのがポイントです。

・努力
・戦略
・選択

たとえば、

・地図を見ずに、行ったことがない道で隣の駅まで行く(努力)
・自分で調べずに、すれ違う人に尋ねる(戦略)
・道を尋ねるだけではなく、近くにあるおすすめのお店も聞いてみる

こうすることも氣づく力がポイントになります。

さらに、冒険(新しいこと)をして良かったこともメモすると良いです。

ハロー効果

「あなたの特徴や伝えたい情報を一点集中すること」です。

ちょっと氣になったので「ハロー効果」を調べてみると、よくテレビCMや、Webマーケティングで使われている心理学の手法とのことです。

たとえば、

テレビCMだったら、好感度の高い芸能人が商品を紹介するってことですね。商品の良し悪しに関係なく、この俳優が言ってるんだから、このアイドルがオススメしているのなら買ってみようかな?と思ってしまうのはこの「ハロー効果」が発動しているからです。

ネットショップの口コミ評価も「ハロー効果」を高める要素の1つだそうで、さくさんの人が良い評価をしていたら、良いお店なんだろなと思ってしまいますよね。

その逆もしかり。低い評価が集まっていたら、たとえ美味しそうな写真が並んでいても行こうとは思わなくなってしまいます。

そう考えると、普段の生活の中には「ハロー効果」だからけですね。

プレ・パフォーマンス・ルーティン

良いパフォーマンスを発揮するために直前にやると効果的な行動です。これは一般的に決まっている1つパターンを実行するということではなく、各々にあったやりかたを決めて実行してもらればOKです。

たとえば、これから大勢の前でプレゼンテーションを行う、もしくは、第一希望の会社の面接を受けにいくなど、なんでも良いのですが、なにか緊張するイベントが直前に控えているとします。

そういった時に、

①今の不安や緊張の状態を紙に書く
②その絵に塩をかける
③5秒数える
④丸めて捨てる

これをやってから本番に臨みます。

緊張するイベントの前にはこのルーティンを必ず行います。そうすることで、このルーティンをやったことで落ち着いて成果を出せたという”成功体験”を積み重ねることが大切なのです。

成功体験が増えれば、大きな課題に臆することなくチャレンジすることができます。そうなると行動回数が増え、成功体験も増えるという、よい循環に入れますよね。

つまりはチャンスを掴む回数が増えるということです。こうやってチャンス(幸運)を手繰り寄せればいいんですね。

呼吸トレーニング

リラックスした状態であれば、広い範囲に注意力を向けられます。

こういう場合には、よく瞑想が使われるのですが、もっと簡単な呼吸法があります。

やり方は次のとおりです。

①口を閉じて鼻から4秒かけて息を吸う
②4秒間息を止める
③4秒かけて口から息を吐きだす
④4秒間息を止める
⑤①~④を落ち着くまで繰り返す

緊張状態にある時、忙しくてせかせかしている時など、5~10分時間を作ってやってみましょう。僕も最近、この呼吸法を実践しています。

瞑想だとかしこまってしまうのですが、単に呼吸を整えるだけと考えると、いつでもパッとできるのでおすすめです。

不安に強くなる方法

僕は物事に敏感で、その度に感情も激しく変化します。メンタルを平常に保つことができれば何をやってもうまくいきますからね。ここにある5つの方法はとても有益なものでした。

①ネガティブバイアスの罠

ポジティブなことよりも、ネガティブなことに対して敏感に反応する習慣のことです。

僕はまさにこの罠にハマっていますね、、

なるべくポジティブにいかないと。

②脱フュージョン

ネガティブな考えに得点をつけて客観化していく”採点法”です。

たとえば、次のようなイメージになります。

・不安やイライラを歌詞に載せて歌う
・怒り、悲しみを「怒りくん」「悲しみさん」と擬人化する
・自分が駅のホームにいると仮定して、走ってきた貨物列車にネガティブな感情を放り込んで遠ざけていくイメージをつくる

不安や緊張などのネガティブな感情を砕けた感じで流していくと良いんですね。面白い!

失敗ノート

他人の失敗やしくじりを書き溜めておきます。あえて他人のミスを省みることで、自分に舞い込む失敗を防ぐことができます。

ここで印象的なエピソードがあります。

チャーリー・マンガーという有名な投資家がとある取材にて、「神様がどんなことでも教えてくれると言ったら、何を知らないですか?」と聞かれてたときの話です。

僕も多少なりとも、投資をやっていますので、僕だったらいつ、どのような銘柄が上がるか?とか、どこの土地が値上がりするか?とか、チャンスがくるタイミングを聞くと思います。

しかし、チャーリー・マンガーの答えはこうでした。

「自分がどこで、どういうふうに死ぬのかを知りたい。」と。「その上で、その場所には絶対に行かないようにして生きていく」と。

これが失敗ノートに書く理由と同じで、なにをしたら失敗するのかを認識して、自分のまわりから遠ざけることで成功確率を上げるということなんですね。

できそうでできないこの考え方です 笑

④ビックウィン仮説

ここでは一言、、、

「過去の成功体験は幻だと思え」

とのこと。

よく上司と飲みにいくと、過去の栄光を永遠語られてうんざりしますが、ソレです。

過去の成功体験なんて、今の挑戦にはたいして役に立たないんですよね。むしろ、それにしがみついていると、同じことしかできなくなります。

上司が過去の武勇伝を語りだしたら、「ビックウィン仮説」の心理学というものを教えてあげてください。

⑤人生のコントローラビリティを高める

この中に、「スリー・グッド・シングス」というものがりまして、何をするかというと、1日に終わりに「今日よかったこと」を3つ挙げてノートやメモアプリに書き出すというものです。

ここで大事なのは、未来に向けて起こした前向きな行動を書き出すということ。

こうすることでポジティブなイメージを持ったまま眠りにつけるので、次の日もますますポジティブに活動できますね。

その他

これはもはや僕が「これは!」と思ったただのメモになります。

運の良い人達は、自分が幸運だと思える証拠を集め、思い込みを強化している

思い込みって大事ですよね。想っていればそれが実現するという話をよく聞きます。ノートやメモに「新しい経験」や「良かったこと」を書いて、「自分は幸運だ!」と思い込んでいくことが大切なんですね

幸運になりたければ、まるで幸運な人であるかのように行動すれば良い

こうやって自分の氣持ちから変わると、思考が変わって、思考が変わると行動が変わって、行動が変わるとチャンスが巡ってきて、運が寄ってくるのだと思います。

まぁ確かに暗くて、いつも愚痴ばっかり言ってる人には近づきたくないですものね。きっと「運」も一緒なんですね。

話のまとめ

僕が印象に残ったことを中心に「運は操れる」のご紹介をさせていただきました。如何だったでしょうか。

お氣付きのとおり、スピリチュアル要素は皆無です。

もちろん、神頼みも良いと思いますが、やはり自分の考え方と行動、そして努力が大切なんだなと思いました。

1.運にまつわる知られざる真実

2.運を操る3つの科学的な方法

3.不安に強くなる5つのテクニック

4.試行回数を増やす7つのテクニック

5.氣づく力を鍛える5つのテクニック

6.運の操り方 実践編

本書では、それを手助けしてくれるテクニックが満載ですので、自分の人生をポジティブに豊かにしていきたい!と思う方は、ぜひ読んでみると良いかと思います。


運は操れる/著者:メンタリストDaiGo

それでは、今回は以上となります。