役立ち

チャレンジを継続するために必要なたった2つのコツとは?【結果を求めても続かない】

本記事の内容

おはようございます!すーです。

寝ても寝ても眠い、、だったら無理して早起きした方が時間的にお得なんじゃないかと思っています。

さて、今回は「チャレンジを継続するために必要なたった2つのコツとは?【結果を求めても続かない】」というテーマでお話しします。

こんな人に読んでもらいたい

・継続が苦手な方

これまで疑問や不満に思っていたこと

なにをやっても長続きしません。継続する秘訣があれば知りたいです。

本記事を読んでわかること

僕は早起き(4時)を1年半間、ブログの毎日更新を1年間、HIITの筋トレを半年間続けてきました。どちらも超ハードでしんどいのですが、継続するコツはここにありました。

・継続の秘訣①
無心になろう

・継続の秘訣②
変化を”見える化”しよう

それでは、今日も問題解決していきましょう。

さっそくどうぞ。

結論①:継続するなら無心になるのが1番です

なにかを継続しようと思う時というのは、やりたいこと、実現させたいことがあるのだと思います。ダイエットにしかり、ブログの毎日更新にしかり、早起きにしかり、、

ほぼ必ず目標設定しますよね。

体重60キロ切るぞ!

1年間毎日更新するぞ!

毎日4時に起きるぞ!

と。

当然、目標を意識して始めるわけですが、継続するってすごくキツイじゃないですか?そこに普段の生活で起こる様々な弊害も出てくるわけです。

友達からランチに誘われる、、

忙しくて記事ネタが思いつかない、、

寝坊した、、

といった具合に。

全てを捨てて、目標達成のためだけに時間を使えるなら良いのですが、そんなこと不可能じゃないじゃないですか?

だから、途中で理想どおりに進まなくなって、「やっぱり上手くいかねぇ!ダメだぁ!」となり、続かなくなってしまうんです。

そこで、、

目標を立てたら、そっと封印しましょう。

ノートに日付と目標、いつまでに達成したいか、そして達成させるために何を継続するか?を書いて、本棚に封印です 笑

そうしたら、あとは”継続する”と決めたことを淡々とやっていくだけです。

進捗とか、成果とか、まったく氣にしてはいけません。ただ淡々と継続タスクをこなすだけ。

僕の今朝の話なんですが、豪快に寝坊したんですよ、、

朝活でやる予定だったブログ記事の執筆と筋トレが予定どおりに進まなくなり、「やっちまったー!」と一瞬だけ思いましたが、もう時間は戻ってこないので諦めました。

体が疲れていたんだろうと割り切って、ブログの記事ネタだけ考えて、とりあえず筋トレだけ実施。

いつもなら7時までに書き終わるブログも、いつ書き終わるかわからないけど、とりあえず書き始めて、、といった感じで、淡々と今書いています。(#ただいま8:06です)

予定が狂ったことを悔やむからストレスになって続かなくなってしまうので、さっさと切り替えて、今できることを無心になって1ミリでも進めればOKです。

飽きてしまうなら変化を”見える化”してみる

正直、無心になって淡々とやること以上の対策はないのですが、強いてもう1つあげるとしたら、継続して出た変化・結果を”見える化”して管理していくことですね。

ダイエットを始めたならば、毎日体重を測ってそれをメモするんです。それを日記のように毎日記録していくと、変化が見えるじゃないですか?

今日は少し食べすぎたから、体重の減りが悪いな、とか、今日はたくさん歩いたからいつもより体重減っているな、とか。

変化を目で見ることによって、ゲーム感覚で続けることができます。

僕も筋トレを始めたばかりの頃はこの作戦で続けました。途中からしんどくなってきて、変化もクソもないと挫折しかけたので、もう結果なんてどうでもいいと無心モードに切り替えて、今も続けています。

継続する内容によって使い分けるのが良いです。人の性格によってもやりやすさが変わるかもしれませんね。

体重のように日々数値が変わるものは変化が見えやすいですが、ブログの毎日更新って毎日のPV数は変化しますが、記事の内容や更新するタイミングによっても変わりますからね。こういう場合はしばらくの期間は無心で取り組む方がよいかもしれません。

話のまとめ

なにかを継続するコツは2つあります。

①無心になる
②変化を”見える化”する

目標を立てたはいいけど、目標を意識しすぎると予定どおりに進まなかった時や、一定の成果が出なかったときに嫌になってしまいます。結果が出るまでに時間がかかることであれば、無心になってまずは継続すればOKです。

短期的な継続で結果が出るものや、日々数値が変わるようなものは、変化を記録することで意識が向くようになって継続が苦じゃなくなります。

取り組む内容や自身の性格でどちらのやり方がやりやすいかは変わってきますので、いろいろと試してみてください。

何をするにも中長期的に続けないと結果は出ないですよね。僕も半年、1年続けていることがいくつかありますが、結果という意味では全然大したことないです。

毎日コツコツが基本ですね。お互いがんばっていきましょう。

それでは、今回は以上となります。