副業

【Twitter活用術】いいね、フォロワー数ってそんなに必要?【有効な使い方を探す】

はじめに

おはようございます。すーです。

今回は「【Twitter活用術】いいね、フォロワー数ってそんなに必要?【有効な使い方を探す】」というテーマでお話しします。

ここ数日、寝不足が続いた上に、わりとハードな畑仕事をなんてやってしまったせいか、今朝は完全に活動がストップしてしまい、思い切って2度寝をしました。

これまで続けていたルーティーンが、、、

体調管理をしっかりしないといけないのは当然なのですが、そもそもやらなくても良いんじゃないか?と思える作業も出てきました。

Twitterもそのうちの1つですね。いまいちど自分の中でのTwitterの在り方を考えてみようと思います。

Twitterの運用どうしようか?

まず最初に思ったのがTwitterのリプ返しがなくて楽ということ。

挨拶のツイートをする時間帯が完全に遅れてしまったので、いいねもリプも全然少ない状況ですね。こちらかもリプしにいってないので、今朝の交流はほぼなし。

それはそれで、作業がなくて良いなぁと、「作業」と思ってしまっている時点でなんか違うなと。Twitterといえど、毎日継続するならそれなりに仕事のような感覚で向き合わないととても続けられません。

でも、ちょっと思ったんですよね。。

楽しくないなと、、、

それもそのはず、インフルエンサーの見様見真似で運用していただけなので、あまり深く考えていなかったわけです。

これだと意味ないですよね。。少し深掘りしていきましょう。



Twitterをやる意義を探す

やる意義ってなんだ?という話ですが、そもそもTwitterに対して、そんなに堅く構えなくてもよいのではないかと思いますよね。

最初はフォロワー数を増やしたい!と思っていました。

でもある日、フォロワー数を増やしてどうすんの?と考えてしまって、その答えがなかったんですよね。影響力を持って、たくさんの「いいね」や「リプ」がくるようになってドヤりたいだけ?

それこそ意味あるのか?と。

今、仮にフォロワー数が数万人いたとして、その先に何があるかですよね。結論、何もないので、フォロワー数を増やすことに全く興味が湧かないわけです。

では、どこに価値を見いだすか。。考えてみます。

あ、2つありました。

①最高のアウトプット練習場

僕は昔から苦手としていることがあって、それがライティングなんですよね。

文章を書くのがホントに苦手。苦手を通り越してヘタクソすぎちゃって嫌になるんですよね。

Twitterを始めたのがちょうど1年前くらいですが、当時は1ツイートするのに1時間とかかかっていましたから。ライティングだけでなく、アウトプット自体にすごい苦手意識がありました。

酷い時は挨拶のツイートにも1時間かかってましたからね。(#挨拶するのに1時間って!? #どんだけ丁寧な挨拶なんだ!?)

それを考えると、今は10~20分で1ツイートできるようになったので、進歩していると言えるかもしれない!(#レベルが低いところでの進歩ですが)

そういえば、リプも苦手だったんですよね。気の利いた返信ができないというか、、これまた何十分もかけていましたね。

気にしすぎぃな性格も影響して、一時ほんとに大変でしたが、1年近く毎日続けているとさすがに慣れてきましたね。

ライティングは意識しないと上達しない

ツイートする内容や、リプの内容はパッと思いついて返せるようになりましたが、その内容の文章構成だったり言い回しだったりを上達させるには、また別のスキルが必要そうです。

過去のブログ記事やツイートを見る限り、ほとんど進歩していない 笑

改めてライティングの勉強をしていこうかな。

②スケジュール管理ツール

Twitterでスケジュール管理って意味がわからないですよね。解説します。

有言実行せざるを得ない状況を作り出すのにTwitterを活用しています。

これは僕の性格の問題だったりもするのですが、怠け防止ですね。これから行う作業の宣言と、終わった後の結果報告をツイートすることで、強制的にサボれない状況を作っています。

いいね、リプはなくても良いですが、それでも言ったからにはやらないとなぁと、気が引き締まります。

それでも、何か緊急性の高い別作業が入ったり、諸事情により諦めるざるを得ない場合は、正直に理由も含めてツイートするのですが、きちんと報告することが大事だなと。

あと、一時期はタスクを詰め込みすぎてスケジュール管理がうまくできない時期がありました。細かく区切って進める上で、ノートに書いて管理してもよかったのですが、Twitterをノート代わりにして進める方が報告義務も出来て良かったんです。



話のまとめ

すー流のTwitter活用術のまとめ

・いいね数は気にしない
・フォロワー数も気にしない

いいねやフォロワー数が増えたところで、僕から提供できるものは多くないし、気を使ってしまうから 笑

・リプは漏らさず丁寧に返す

リプはある程度の労力がかかっていますからね。こちらもきちんと返さないといけません。ここはちゃんとやります。

メインの活用方法は以下の2つ。

・アウトプットの練習
・スケジュール管理

個人的にはすごく有意義な使い方ができていると思っています。

今後の課題も一応挙げておきます。

・ライティングスキルの向上
・有益な内容を発信

今は自分のために利用していますが、もう少し相手に寄り添った使い方ができるようになりたい。本来はコミュニケーションツールですからね。

おわりに

サバサバした使い方ではあるのですが、そんな僕にもいいねやリプをしてくれる仏のような方と、フォローして下さる神のような方がいらっしゃいます。

そこは無碍にはできないなと。そういう一部の神様仏様からは、やり取りを通じて勉強させて頂いています。

そう考えると、簡単にやめてしまうのは勿体ないと感じてきますね。

今朝の2度寝が、思いもよらず、Twitterを考え直す良いきっかけとなりました。

よし、気持ちを改めて継続だ。

それでは今回は以上となります。