トラブル

話の通じない人とは同じ土俵で戦うな【白黒ハッキリさせようぜ】

はじめに

おはようございます。すーです。

今回は「話の通じない人とは同じ土俵で戦うな【白黒ハッキリさせようぜ】」というテーマでお話しします。

最近何度か記事にしている「ブラック企業の業務内容と入金トラブル」のお話です。「ブラック企業」という言葉は使いたくないのですが(#根っからの悪ではない為)、イメージしやすいと思うので、使わせて頂きます。ごめんなさい。(#全然嫌いじゃないですよ #でも一

がつぶ緒に仕事はしたくないかな)

まだ過去記事を読んでいない方はこちらをどうぞ。

▶【自業自得】業務委託での業務内容と入金のトラブル【契約は必ず結ぼう】

▶【実感】物事が思い通りに進まないストレスと不安【大した事ないはずだけど】

読むの面倒ですよね。数行で説明します(#できるんかい)

・7月にシステム運用のお仕事を頂いた
・8月はサービスで無償労働
・9月は普通に労働
・10月頭に請求書を送ったら、金額と業務内容に物言いが付く
・業務委託契約は結ばれていない
・これ以上はしんどいのでお断りの連絡
・辞められたら困る、要求通りにしたでしょ、と返信あり ← 今ここ

というわけでここから本題です。



こんなことがありました

ブラック企業体質なので、社員さんはガンガン退職されているような環境です。(#みんな本当に良い人 #一緒には仕事できないけど)

それは全然良くて、立て直す為に尽力しようと思って依頼を受けさせて頂きました。

社長さんとはSNSで声かけてもらって、最初にお酒も交わして夢も聞いて、本当に楽しかった。未来があると思ったんですけどね。その場では良い話しか聞かなかったので、だいぶ幻でしたね。

さっそく業務がスタート。業務委託契約の締結もお願いしたのですが、結局実現しませんでしたね、、

そんなこんなで2ヵ月やってみたのですが、社長さんも社員さんも超テイカーなんですよね。社員さんも、その人自身が悪いわけではなく、テイカー文化の中でやっているから、テイカーに染まってしまうというか、、

僕もある程度はしかたないと思って、GIVEを続けていましたが、今月頭に9月の請求書をお送りしようと思って、送付先の確認を入れた際、社長さんから「金額はどうしますか?」と言われて、プツンと氣持ちが切れました。(#「氣」を使うと運気がアップするゾ)

もうこれ以上はGIVEできない、、、

そこじゃないんだけどな、、

というわけで、報酬単価の見直し含めて、どういう風に業務を進めるかを提案することになって、提案書を作り始めたのですが、、、

とりあえず9月分の報酬は支払ってもらうと思って、その旨を伝えたところ、10月の稼働条件と金額次第と言われまして。

ここで完全に気持ちが切れましたね。

なんで9月の報酬をもらう為に10月に報酬単価を下げてまで働かないといけないんだと。なんで報酬単価を下げる為のナイスな提案をこちらからしないといけなんだと。

だったらもう、9月分の報酬はいらないから、今この瞬間にこの不毛なやり取りをやめて、別の仕事をした方が良いという判断をしました。

無理に続ける義理もないので、今回のご依頼は完全にお断りする旨、連絡させてもらったんですね。

辞められたら困る、要求を聞くと言ったじゃないか、と。今は要求(提案)を聞くと言ったじゃないか、と返信頂きまして。

そりゃ困るでしょうが、それ以上に僕が困っているわけで、そこまで身を犠牲にしてやらなきゃいけない理由がないでしょう。

要求(提案)を聞いてくれるのはありがたいですが、そこじゃないんですよね。長年の付き合いがあるわけでもないですし、契約は大事。長年の付き合いがあったとしても、お互いの為にちゃんと契約は結ぼうよって感じです。

てか、独り相撲になっていることに気づいてほしい。



すれ違いはまだまだ続く

そして、もう僕には完全に氣持ちはないのですが、さきほども連絡がきて、「要求(提案)どおりにやってきたじゃないか」と、、、

いや、だからそういうことじゃないんだって!

それはあなたの自己満足だ!と言ってもわからないんだろうな、、

それどころか、過去のメッセージを引っ張ってきて、ああ言ったじゃないか、こう言ったじゃないか、ととにかく引っかきましてきます。揚げ足取りなのかな。

過去に言った言わないのやり取りなんて、感情論にしかならないので、シンプルに今後の稼働の条件を提示させて頂きました。(#同じ土俵で戦っちゃダメ)

・9月分の報酬を払ってもらう
・業務委託契約を締結する
・業務委託契約の締結後に稼働を再開する

ものすごく当たり前のことを書きましたが、その当たり前をせずに進めていたのは僕の責任であって、致し方なし。

原点にかえりましょう。まずは諸条件を契約にまとめて、、話はそれからです。

それと、今後は白黒をハッキリさせながら進めないといけませんね。

GIVEだと思ってやっていたことが、ナァナァな状況を生み出してしまい、完全に裏目に出てしまいました。

GIVEする相手も選ばないといけませんね。

おわりに

なんだか、胃がぎゅーっとなります。こんな内容で申し訳ないですが、でも、仕事をしていく上で大切なことですよね。

昔と違うのは、相手をどーのこーの罵るのではなく、自分がどう対応をしていくか?っていうことでしょうか。今までもこういう場面に遭遇していましたが、スルーしてやりすごしていました。

それだと経験値がたまらないんですよね。

相手やケースにもよりますが、なるべく自己責任として受け入れます。

ふぅ~。深呼吸していきますか。

それでは今回は以上となります。